建設事業

削減不可能なコスト領域にメスを!

建設業界における3D技術の導入は、まだまだ未知の分野でもある為、ハードルが高いのが現状です。
・初期導入コストが高い
・複合的にソフトを使用する為、オペレーターがいない
・従来の技術との互換性や汎用性
・運用方法がわからない
以上のように、大小様々な企業様からご相談をいただいております。

  • 調査・計測

    3Dスキャナーなどを使い、効率よく正確に調査します。 
  • 3Dモデリング

    計測で得た情報を元に点群処理から3Dモデリング作業を行います。 
  • 設計・製図

    過去の現場での経験と3D技術を融合して、CAD化します。 
  • 施工・工事

    施工管理経験もある為、工事だけでなく計画まで行います。 
  • 保守・管理

    設備などの物理的な保守、管理ソフト等を駆使して守ります。 

実務に沿った形の導入から
全工程をコンサルティング可能!

弊社では、計測及び調査〜保守・管理まで一貫して行う事が可能です。
3Dを導入する事で、大幅な人件費の削減や外注先への的確な指示(効率)等を実現します。
管工事を中心に長年工事の経験をしている事により、施工の技術だけでなく実務経験が無いと不可能な詳細なズレの無い設計を提供いたします。

3Dデータで残す意味

対象物の3Dデータ保存しておく事で、災害などで破損した時に復元データを提供できます。建設時から増築や修復を重ね、一元管理できている図面等が無い為、次の設計時には調査から必要になる事も多々あります。
3Dで一度図面化しておく事により、付随する情報などステータスを更新し未来へ繋げる事も目的としています。