計測・調査

従来の方法と3D

従来の建築業界における調査・計測では、アナログな⼿法で⾏ってきました。
⼤規模なプラントや、形状が複雑な対象物等、時間や⼿間がかかり問題点が多いのが現状です。
近年のIT 化に伴い今の技術では、3D スキャナーやドローンを使⽤した計測⽅法が徐々に普及しています。

◆固定式レーザースキャナー

計測精度に優れ、誤差1mm。
計測範囲も広く、建築、設備設計に使用。

◆ハンディースキャナー

対象物が小規模な場合に使用、精度は高く、リバースエンジニアリングに使用。

◆アーム型スキャナー

設置型で計測範囲が限定的であるが、計測精度はこの上なく高い。
リバースエンジニアリングに使用。

店舗

店内レイアウトを3Dで検討できる。壁やテーブルなどの色などもテクスチャで表現可能。

工場

既存設備の増強計画や危険箇所の抽出、安全設備の設置検討が可能。

保存対象として、戸建て・マンション・各種工場・倉庫・各種複合施設・各種テーマパーク・各種店舗・ビル・土地・更地・自然物(山・川など)・各種設備・道路(トンネル・橋など)・美術品(彫刻)などが計測対象となります。

様々な対象物の計測を
より正確・且つスピーディーに行います

ハンディースキャナーやドローン、専用車を活用したスキャニング技術により、地上は元より、立地に合わせ地中・水中のスキャンが可能となります。
取得した点群データの解析も対応しています。

ー 点群データ
ー コンター図


基準点測量