XR事業

『3D』には未知の可能性

Tuber Visionでは『3D』に未知の可能性を信じています。
昨今では、企業や個人が繋がりやアピールできる仮想空間(ex,メタバース)が一般の方にも浸透してきました。
一方で、VRデバイスについては過去から比べれば、軽量化や通信方法など改善され、身近な価格帯となりました。ただ、「長時間の利用」や「コンテンツ」等、今以上の普及を考えると更なる改善が必要になります。

活用法として、建設業界だけでなく製造業・エンターテイメント・医療など多岐に渡ります。
スキャナーなどによってできたデータから、VRやMRへの転用や建築模型 (リバースエンジニアリング)へ生かす事も可能です。

例えば、設計図の残っていない歴史的な建造物や造作物に対して、詳細な3Dスキャンを行い設計図に起こし3Dプリンター等と連携し、修繕等に活用することも増えてきました。

また、人体のデータを取得しておけば、事故や災害で身体の一部を失ったとしても復元する事も可能になりました。

平面ではなく立体だからこそ活用でき、今まで解決できなかったことをテクノロジーを駆使して問題解決まで導きます。